c

1975 AMC Matador Brougham Coupe V8 360cu 
caramel tan,  floor shift auto trans, power st, power disc brake, bucket seats, center console, dual exhaust,
Cragar super trick wheels, Mickey Thompson rear tires, great cond, runs great.

I've been interested in AMC Matador Coupe for a long time, and I finally bought it.  I tried to buy it several times but there were some objections around me because of its unique distinctive design. Many friends of mine didn’t know the AMC Matador coupe existed. When I showed them pictures, they said it looks like a Maverick, a Pinto, a Vega, a Monte Carlo, or a Camaro.  Another reason I hesitated to buy it was that there were many 6 cylinder engine cars and most of them had the bench seat with the column shifter.  This car has a V8 360cu (5,9L) engine and a floor shifter, which was the decisive factor in my purchase.  It's a Brougham but it has a sporty center console with a floor shifter and bucket seats. I think it’s a rare combination car. I was planning to customize it as soon as it arrived in Japan, but I'm very busy lately. There are various other cars that I have to finish and deliver. So I'll do it after I calm down a bit. The customizing will start by removing the front and rear bumpers.  If I remove the front bumper, the long hood will be emphasized and it will look like a spaceship. And it will be the one of a kind custom car in Japan.

キャラメル・タン、フロアーシフト、オートトランス、パワーステアリング、パワーディスクブレーキ、バケットシート、
センターコンソール、デュアルエキゾースト、クレーガースーパートリックウィール、絶好調、極上車




長い間、興味があったAMCのマタドール・クーペ(アメリカ人の発音はマタドアー・クープ)を遂に仕入れました。 
今迄何度か購入しようとしましたが、独特のデザイン故に自分の周りで反対意見が多く購入を
見送ってきました。 またこの車の存在を知らない人も多かったです。 
写真見せると、マーヴェリック、ピント、ヴェガ、モンテカルロ、そしてカマロみたいだとも言われました。 
それと直6の車が多かったのとコラムシフトにベンチシートが殆んどだったのも躊躇した一因でした。 
今回の車はV8 360cu (5,9L) エンジンとフロアーシフトである事が購入の決め手になりました。 
調べるとパワーステ無し、パワーブレーキ無しが標準でこの車はオプション設定だったパワーステとパワーブレーキ
も付いてブロアムなのにスポーティーなセンターコンソール付きのフロアーシフトでバケットシートなのは
相当な希少車だと思います。 日本に届き手元に来て次第すぐにカスタムする予定でしたが
現在多忙で他に仕上げてご納車しなければならない車等色々あり少し落着いてから着手する事にします。 
カスタムは前後のバンパーを取り外しから始める予定です。 
フロントバンパーを外すとロングノーズが強調されて宇宙船っぽくなり国内において唯一無二のカスタムカーになるでしょう。 
そしてキャブは現在2バレルなのでエデルブロックのインテークマニホールドとホーリーの
4バレルキャブへ変更も予定してます。 それから色はパールブラックかパールホワイトのどちらかに変える予定です。
とは言えこのキャラメル色が好きでオリジナルの状態で欲しい方には早めにオファー頂ければこの状態での販売も可能です。 
私は正直この色は好みではありませんが私が子供の頃、自分の父が念願だったコスモ・スポーツを買う前に
乗っていたブルーバードSSS(510)がこんな色でした。 なので好きな方もいるのでしょうね。 だからどちらも存在した訳です。

Matadorはスペイン語で闘牛士、英語で言ったらBullfighter、アメリカ人は「マタドアー」と発音し日本人は「マタドール」ですが
スペイン語圏の人の発音だと「マタドール」に近く聞こえるのでアメリカ人と会話の時以外はマタドールで良いと思います。

今回このMatadorを買付たあと国内初になるのか気になって某専門誌で記事を長年書いてる
アメリカ車については日本一の情報通と思わる大御所ライターの方に電話して尋ねました。 その方のお話では
「他で入れたと言う話は聞いた事が無いが1975年当時もしかしたら新車並行で入ったかも」ってお答えを頂きました。
暇があったら国会図書館に行って当時輸入されたかどうか当時の文献等で調べてみたいです 

全長: 5316 mm 全幅: 1961 mm 、アメリカ車としてはミッドサイズになります。 
実車は写真で見るより少し大きくアメリカ車らしい存在感があります。
それから室内空間(特に足元)も他社の同クラスのモデルより広いのも魅力です。 


Best Offer

 価格は電話でお問い合わせ下さい。

応談






















センターライン・ウィールより軽いクレーガー・スーパートリック・ウィール似合ってます。
センターラインとスーパートリックのこのデザインは初めて見た時からずっと惚れ込んでます。
デザインの元となったドイツの5号戦車を作った人は天才だと思います。




















開かないと思ってましたが後部座席の窓がここまでロールダウンできます。





















車を積んだ船を待ってる間にこの1/43スケールモデルをeBayで購入しました。 アメリカからの送料がドル高とインフレで高いので
ドイツの出品者の方から購入しました。 下の模型は国内でメルカリで売ってたのを買いました。
上記にも書いた様に現在多忙の為にカスタムを始めるのは少し先になるので007の「黄金銃を持つ男」の劇中車仕様で
購入希望な方は早めにオファーお願いします。 劇中車のAztec Copper Metallicに色変え可能です。
しかし翼とジェットエンジン装着は不可能です。(笑)



      

Call 03-3558-2382

Copyright (C) Speed Nuts co. All right reserved.