1970 Lincoln Continental Coupe

Olympic white exterior, black interior, leather seat, new white top, 460 cid, rare 2 door coupe, runs strong, great condition,
Compression Ratio: 10.5:1, Brake Horsepower: 365 @ 4600 rpm, Torque: 500 ft.-lb. @ 2800 rpm, Carburetor: Autolite 4-barre
l,
オリンピックホワイト・エクステリア、ブラック・インテリア、レザーシート、ニューホワイト・トップ、460 cid (7,500cc)、希少な2ドアクープ、
'70年リンカンの生産台数を調べたら4ドアセダンは28,622台製造され、マークシリーズ(マーク3)は21,432台製造されましたが
コンチネンタル・クープは何とたったの3,073台です。
私は30年以上のアメリカ車輸入販売経歴の中で日本国内でこの1970年クープが販売等取引されてるの見たこと無いです。
365馬力のエンジンは絶好調です。 1970年の高圧縮の460 cidは排気ガス規制以降の460 cid とは別の生き物の様です。
そしてエクステリアも1970年式だけがコンシールドヘッドライトのドアがフロントグリルが左右に延長されたデザインで'71年以降の
ボディーと同色のヘッドライトドアのデザインより車の幅が広く見えるのが一番の魅力です。
このリンカンを購入する時一つだけ不思議だったのは外装色のオリンピックホワイトです。オリンピックホワイトって何だろうと思い
調べたらフェンダー社のギターの色でした。 この色にリペントの注文をした前々オーナーのこだわりだと思います。 
ギタリストだったのかもしれません。 真っ白、純白、ピュアホワイトですが私もオリンピックホワイトと呼ばせてもらいます。

Best Offer
 
新規3年車検
応談
価格は電話又はemailでお問い合わせ下さい。
































































460CID 365HP (7,500cc 365馬力)













純正 Autolite 4bbl キャブ


















      

Call 03-3558-2382

Copyright (C) Speed Nuts co. All right reserved.